アイアンの特性にあった効率的な打ち方とは?

アイアンの打ち方について、しっかりしたショットを打つ場合、フォロースルーではフィニッシュに行く前の直前で止めるのが良いです。

ウッドショットの場合には、フィニッシュで腕が首などに巻きつくぐらいに振り切るのが良いとされていますが、飛距離を出すということよりも、しっかりと目標をとらえることが大前提なので大振りはなるべくしない方が良いでしょう。

バックスイングとフォロースルーの軌跡がちょうど左右対称になるような感じをイメーシしたアイアンの打ち方が良いです。

アイアンの打ち方で覚えておく基礎的なことは、アイアンクラブの構造は、重心が手前にありソールが細くなっているのが見て解ると思います。

ということは、距離を出すよりも方向性を重視した構造のクラブということが解ります。役割としてもグリーンを直接ねらう時などに使用するクラブでもありますから、スコアにも大きく影響してくるクラブですね。

ですからこのスイングをしっかりとマスターすることが必要です。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証!アイアンの打ち方DVD】