アイアンの打ち方。コースできれいにターフをとれるようなダウンブローの練習

コースできれいにターフをとれるようなダウンブローのアイアンの打ち方練習は、例えば右利きの場合ですと、ダウンブローでインパクトを迎える必要があり、打球方向の先10cmほどのところが最下点になるように練習をしていきましょう。

ティーアップして練習する打ち方もありますが、前傾姿勢になってしまったり、すくい打ちになってしまうこともあります。

あと、初心者にはマットの衝撃を受けることがないので良いのですが、最下点の位置が確認しづらいので上級者向きと言えます。

おすすめの打ち方練習は、打球方向の手前10センチくらいのところにコインなどの目印を置いて、それが飛んで行かないようにして打つようにします。

グリーンマーカーの土に入るところを折ったものを使うと危険もなく、コインをなくしてしまうこともないですが、500円玉を使うと本番のような緊張感を持ってアイアンの打ち方練習ができます。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証!アイアンの打ち方DVD】