アイアンショットでシャンクの治し方

アイアンショットでシャンクの治し方はネック部分に当たっているので意識をクラブの先で打つというイメージにしてください。

もしくはいつも置くボールの位置の向こう側にボールを置く100%シャンクはしなくなります。

シャンクの原因はいろいろありますので、上級者の方やレッスンプロなどにスイングを見てもらう必要がありますが主な原因は

・アドレスがボールに近い。
・クラブがインパクトで開いている。
・トゥがダウンしていてダフることでクラブが開く。
・疲労でシャフトの先で打とうとしたり、腕が体から離れてインパクトしている。

といったことが考えられますので自分の場合どれが当てはまるか見極めて修正します。

ボールを向こう側に置くというのはとりあえずシャンクすることはなくす即席の方法といえますね。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証!アイアンの打ち方DVD】