アイアンのダウンブローのスイング練習法

アマチュアの人アイアンはスイングの練習の中でボールのインパクトが終着点になっていることがありますが、素振りの時は左側へのフォロースイングがスムーズにいっているかと思います。

しかし実際にボールを打つとなると終着駅はボールのところ、という形になるので、どうしても左側への動きがうまくいっていないのでダウンブローが正しくできていないことになります。

経験の少ない人であっても、練習場でボールを打っている経験があれば素振りはしっかりできますが、インパクト後の左の動きが途中で止まっている方が多くダウンブローの打ち方がしっかりできていない結果になっています。

それはダウンブローだーということを思いすぎて打ち込みすぎてしまうということです。

ですからダウンブローで振りぬくためには、最初はできるだけ芝生の上を滑らせるような感じで行い、芝生に対して切り傷を作るような上からのスイングは控えましょう。

ダウンブローでしっかり振りきれるプロや上級者の人は、実際には芝生を擦るような感じで、擦り傷を作るような感じで芝生を採るという考え方でスイングをしています。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証!アイアンの打ち方DVD】