ダフリとトップの原因と対処練習法

ダフリとトップは結果は真反対ですが、原因はほぼ同じ原因をたどって別々の結果になっていくことになります。

芯を食ういいショットの場合、当たる瞬間は腰が少し左に切れた状態になって当たっていきます。

そうすることでグリップエンドがアドレスの時よりも左側にずれていきハンドファーストの状態になり、最下点がボールよりも先にくるようになります。

結果としてはターフという芝の削れるところがボールの先の方が削れる形になります。

ダフるという方はダウンスイングの早いタイミングで手首が早めにリリースされてしまって最下点がボールの手前にきてしまうようになります。

そのまま地面に当たるとダフリになってしまうことになり、そのまま地面に到達しないでヒットポイントに入ってくると上昇しながらボールに当たってきますのでトップボールになってしまいます。

よって原因は同じなのですが結果が分かれてくるということが起こってしまいます。

ですから手首が早いタイミングでほどけてしまっていることを意識して、それをほどけないようにする練習をしましょう。

練習方法はハーフスイングといって腰から下のふり幅で、いつものふり幅の半分かそれよりも小さい幅で練習場などで振るのがオススメです。

この時にスイング中の右手首の甲側に折れている角度を、保ったままフォロースルーまで振ってみてください。

これがキャストする方(早めにほどける方)はハーフスイングの中でも早めにほどけてしまうので、右の手首が伸びきって左手首が折れてしまう状態でフィニッシュを迎えてしまいます。

そうするとキャストしてしまう状態にほぼ間違いなくなってしまうので、ハーフスイングを練習してもらって、その時も右手首の角度をずっと保ったままスイング練習するようにしてみてください。

この練習をすることでほどけが早くなる現象をなせると思いますのでやってみてください。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証!アイアンの打ち方DVD】