2ndショットを考える

2ndショット編からは目からうろこのこのこのレッスンを復習しましょう。ショートアイアンが左方向に飛んでしまうという方は必見ですよ。ショートアイアンで皆さんすごく考えていただきたいのは直線の方向にインパクをトスイングしようとしてしまうんですよ。

飛球線方向というのはこの地面の水平のラインが飛球線方向じゃないんです。ピン真っ直ぐですよね。矢野さんはボールの目の真下よりも内側で構えてますよね。そうすると矢野さんのボールをみる目線というのは少し斜めから見てるわけですね。

その時にショートアイアンはこの角度で飛び出すんじゃなくてこういう角度で飛び出すわけです。そうすると自分がショートアイアンで振りぬていくボールを打ち出していくロフトに乗せて降り出していくイメージっていうのはこれ同じシャフトの方向ですよね。

ここから同じシャフトの方向ターゲットラインです。矢野さん上のシャフトはどっち向いてます。右向いてます完全に右です。だからこっちに向かってショートアイアンは振りぬくイメージがターゲットに真っすぐ振ってるっていうことです。

アマチュアの人はこの線に真っ直ぐこの線だけをイメージして振ろう振ろうということは本当はこっちの線に振るんじゃなくて今度はいま矢野さがそこからみてこの上のシールシャフトが下のシャフトと重なるところここへ向かって振りきると真っ直ぐ振ってる錯覚になるんですよ。だから球が左に行くんですよ。

そのいまの角度っていうのは矢野さんが真っ直ぐだと思っている角度なんですよね。短くなってロフトが上向くクラブになればなるほどスイングのイメージっていうのはボールの飛び出すイメージで振りぬかないといダメ。

あくまでボールの飛び出す角度を考えてクラブは振ると。地べたに引いちゃダメなんですね。ボールは上へ上がるわけですからショートアイアンでは皆さん目の錯覚に注意してくださいね。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証!アイアンの打ち方DVD】